リンクブログ

方針と使い方

整合

記事と記事

記事を<追記する>ときは、操作レベルの<一般>を<高度>に変えることで、すべての記事タイプを選べるようになります[※1]:

ボタン<追記する>の左にある<一般>をクリック
警告メッセージの<OK>をクリック
※1
現時点で記事間の関係の整合検査を行っていないので、上記のような操作になります。

記事

記事の追記とRDF

この文書管理ツールでは、既存の記事(O)に<追記する>ことで、新しい記事(N)を作成していきます。その新しい記事のなかで、既存の記事に対する関係を記述しますが、その関係の方向はつねにO→Nです。

ですのでこの関係をRDFに変換するときは、Nに書かれたOに対する属性(名前つき有向グラフ)は、つねにOに書かれることになります。

記事の項目と属性

記事の項目は、基本的にすべてその記事IDの属性の値がリテラルであるものです。

著者(ユーザ)

著者

この文書管理ツールでは、登録ユーザの情報もひとつの記事として登録され、そのタイプは「人物:著者」です。

記事の変更/削除

ある著者が作成した記事は、その著者しか変更/削除できません。

記事の追記

すべての著者が、すべての記事に追記することができます。

記事の階層

階層

記事(O)の「下層」が記事(N)であるとき、階層上、NはOの下に位置します。

記事の階層表示はこの階層関係(属性)のみをたどります(記事追記時の規定の関係がこの「下層」関係です。これを削除すれば階層構造からは表示されなくなり、復活させれば表示されるようになります)。

階層表示には上限があり、現時点で8階層までです。